屋島

【屋島登山】初心者でも安心の「遍路道」登山コースの紹介や見どころなど

屋島と言えばお遍路で有名です。
今回はその屋島を歩いて登るコースをご紹介したいと思います。

最もメジャーな屋島登山コース「遍路道」

屋島にはいくつもの登山道がありますが、その中でも一番メジャーでお遍路でも通る「遍路道」を登りたいと思います。

琴平電鉄志度線の駅「潟元駅」

最寄りの駅は「潟元駅」になります。

屋島登山「遍路道」コースの登山口は最寄り駅が琴平電鉄志度線の駅「潟元駅」(かたもとえき)です。
ほとんど無人の駅ですが、お遍路道ということもあって利用者はかなり多く志度線の中でも2位ぐらいだそうです。

琴平電鉄志度線の駅「潟元駅」

上の写真中央に写っているように駅から屋島へ続く道しるべがあります。
とてもわかりやすくて親切ですね。

「潟元駅」から屋島へ

このような住宅街を抜けていきます。
若干わかりにくいと思いますが、屋島の方へ歩いて行けば大きな道に出ますので迷わずに登山口へ着くと思います。

道池

こちらは住宅街を抜けてすぐのところにある「道池」で近くには屋島寺への遍路道の案内板があります。
手前の道路は先程言っていた大きな道で、駅から屋島の方へ歩いて行けば大抵この道に出ます。
屋島登山口へ向かうには写真左手へ池沿いに進みます。

遍路道

道沿いに登っていくと上の写真のところに出ますのでこれを右方向へ進みます。

遍路道

道路脇には「へんろ道」と案内がありますので安心です。
写真ではわかり難いですが、この辺はかなりの急坂になっていますのでご注意を。

屋島登山口

住宅街を抜けて登山口に到着

先程の急坂をしばらく登っていくと、いよいよ屋島の登山口に到着します。

屋島登山口

駐車スペースも何台分がありますが、正式な駐車場ではありませんのでもちろん自己責任になります。
ちなみにトイレは山頂までありませんのでご注意を。

屋島登山口

先程のところを振り返るとこのような感じです。
住宅街を抜けて少し登ってきたことがわかります。

屋島登山口

登山口にはこれから登る人のために杖があります。
こちらは登山クラブの方が用意して下さっているとのこと。

屋島登山道

遍路道の登山コースは写真のように山頂まで綺麗に整備されていて、とても歩きやすいです。
お年寄りや子供でも気軽に登山が楽しめます。

屋島登山道「加持水」

登り始めてすぐのところに弘法大師「空海」ゆかりの場所があります。

弘法大師が祈祷に使った「加持水」

弘法大師が仏天を供養して仏の加護を祈祷するときに使われたという水です。
干ばつでも沸水は枯れないとのことです。
ちなみに石仏の近くの石碑に弘法大師の筆跡の文字が刻まれているとのことですが、どれなのか特定は出来ませんでした。

屋島登山道

このような感じで歩きやすい道が続きます。

新緑のトンネルが続く

登山口からは春らしく新緑のトンネルが続きます。
空気がとても綺麗で気持ちが良いですね。

屋島登山道「不喰梨」

弘法大師の逸話が残る「不喰梨」

弘法大師が屋島に登ったとき、美味しそうな梨が熟していたので、ひとつ分けて欲しいと所望をされたのですが、梨の持主が「これは食べられない梨です」と言って嘘をついてしまい断ってしまったとのことです。
その後、梨は本当に石のように固くなり食べられなくなってしまったと伝えられています。

屋島登山道「不喰梨」

この場所は別の登山ルートの分岐となっています。
屋島城門跡へ出る登山道でかなりの急登になっています。
城門方面の登山コースもまた、あらためてご紹介したいと思います。

屋島登山道

上の写真の右手の階段を上ると「屋島城門跡への登山コース」に入ります。

屋島登山道

平坦な道が続きます。
山側は岩がむき出しになってきました。

安山岩が水平方向に発達した「畳石」

屋島登山コースの遍路道の中間点ぐらい、岩がごつごつとしてきた辺りに「畳石」という珍しい岩があります。
讃岐岩質安山岩が水平方向に発達したもので、厚さ数センチの板が積み重なっていて畳のように見えます。

屋島登山道「畳石」
屋島登山道「畳石」
屋島登山道「畳石」

上の写真の右に割れた石碑がありますが。
こちらは西行法師が屋島寺を参詣した時に作った和歌の石碑です。
「宿りしてここに仮寝のたたみ石 月はこよひの主なりけり」と詠まれています。

屋島登山道「畳石」
屋島登山道「西行法師の歌」

手前の石には西行法師の歌が張られておりました。

屋島登山道

山頂に近づいているのがわかります。

屋島登山道

左手はかなりの崖になっています。
本当に危ないところには写真のようにガードがされていますので安心ですね。

屋島登山道

かなり高いところまで登ってきました。
木についている苔が良い感じで雰囲気を出しています。

屋島登山道

振り返るとかなりの急登だったことがわかります。
遍路道でも本格的な登山が楽しめます。

屋島登山道

積み重なったように見える岩肌が凄いですね。

屋島登山道

上の写真のように、登山コースで折り返すところなどは転倒防止のため滑り止めの加工がされています。
雨の日などは石だと滑りやすいので、とても細かい配慮がされています。
やっぱり有名な観光地であることがうかがえますね。

屋島登山道

もうすぐ山頂である屋島寺に到着です。
上の写真の突き当りが登山コースの最終地点です。

屋島登山道

この階段を上るとゴールです。

屋島登山道 屋島寺

遠くに屋島寺の門が見えてきました。

屋島寺に到着

仁王門をくぐると「屋島寺」に到着します。
お遍路での登山はここがゴールとなります。

屋島登山道 屋島寺

屋島の山頂「三角点」について

ちなみにお遍路としてはゴールですが、屋島山としてのゴールはどこなの?ということで、屋島の一番高いところ、「一等三角点」まで行ってみました。
屋島の三角点は屋島南嶺にあり、今は使われていない屋島ケーブルの山上駅方面へ歩いていく遊歩道の途中から入ったところにありました。

屋島登山道 一等三角点

遊歩道の途中、このひっそりとしたところから入っていきます。
人気が無いのでちょっと不安になります。

屋島登山道 一等三角点

この施設が目印です。
上の写真の右手に小道があり、そこに三角点はあります。

屋島山の山頂「一等三角点」

まあ、普通の観光に来た人は絶対に来ないであろう場所にそれはありました。
屋島山の山頂、標高292.12メートルの一等三角点です。
周りは木などがあり結構草が生い茂っていますので、ひっそりとある感じです。
もちろん展望は望めませんので、きれいな景色を見たい人は屋島の有名な展望台へ行かれた方が良いと思いますが、登ってきた達成感を味わうという意味ではここが一番高いところですので見つけれてかなり嬉しいですね。

屋島登山道 一等三角点

ひっそりとありますが、一円玉が置かれていたり結構人気なのかもしれませんね。

屋島登山道 一等三角点

さすが、一等だけあってとても立派な三角点です。
昔は標高が書かれた小さな案内板が横にあったようですが、どこに行ったのでしょうか。

如何でしたでしょうか、屋島登山の遍路道。
登山道は完全に整備されていてとっても登りやすい登山道です。
弘法大師にまつわる見どころもいっぱいですので楽しめると思います。

インフォメーション

香川県高松市屋島東町字峯大谷1828-1

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です