「蓑山大明神」蓑山塚

【日本三名狸】四国狸の総大将「蓑山大明神」太三郎狸とは?

屋島の蓑山大明神についてご紹介いたします。

「蓑山大明神」太三郎狸

「屋島太三郎狸」(やしまたさぶろうだぬき)とも呼ばれ香川県高松市屋島に伝わる有名な化け狸です。
「屋島の禿狸」(やしまのはげたぬき)とも言われていますが、基本は「太三郎狸」(たさぶろうたぬき)です。
ちなみに写真の四国八十八箇所霊場第84番札所である屋島寺では「屋島太三郎狸」と書かれています。
屋島寺の本尊で十一面千手観音菩薩の御用狸として善行を積んだことから「蓑山大明神」(みのやまだいみょうじん)の法名で屋島寺に土地の氏神として祭祀されています。

日本三名狸「太三郎狸」「団三郎狸」「芝右衛門狸」

「太三郎狸」(たさぶろうたぬき)は新潟県は佐渡の「団三郎狸」(だんざぶろうたぬき)、兵庫県は淡路島の「芝右衛門狸」(しばえもんたぬき)とともに日本三名狸に数えられています。

太三郎狸

こちらが太三郎狸です。
傍らに子供もいますね。

太三郎狸の活躍や歴史

太三郎狸の歴史は古く、平清盛(たいらのきよもり)の嫡男である平重盛(たいらのしげもり)に助けられた狸の子孫と言われています。
矢傷を負ってしにかけたところを助けてくれた平重盛に恩義を感じて、平家の守護をするようになり、平家滅亡後、そのまま屋島に住み着いて屋島の守護神となったとのことです。
狸変化(へんげ)で有名な変化妙技は日本一と言われており、その技を駆使し人を助けたりして大活躍をしていき四国狸の総大将にまでなったとのこと。
屋島寺を開創したと伝わる鑑真(がんじん)を助けたり、道に迷う弘法大師こと空海を案内したりと屋島に伝わる伝説の中に数多く登場します。
鑑真や空海に感銘を受けた太三郎狸は狸の徳を高めるべく、ここ屋島に教育の場「狸大学」を作り、学長を務め全国から集まる狸たちに勉学を施していたとされています。

太三郎狸の妻

こちらは太三郎狸の奥さんと子供です。

夫婦円満、商売繁盛、子宝の神さまとして崇められている

狸はー夫一婦制の習性から、蓑山大明神は夫婦円満、家庭円満、縁結びの神さまであり御利益があるとされています。
商売繁盛、水商売の神でもあります。
また福運をもたらし、とくに子宝を授かると言われていて納経所では「仲良しお目出た狸」というお守りがあります。

蓑山塚

狸の置物で埋め尽くされている「蓑山塚」

こちらは蓑山塚です。
全国からの参拝者が狸の置物を置いていくそうです。

屋島稲荷

蓑山塚のさらに奥には屋島稲荷があります。

蓑山大明神

屋島太三郎狸と表記されています。
案内板にはありませんが太三郎狸は日清戦争・日露戦争で満州まで行き、その幻術を用いて日本に勝利をもたらす大活躍をしています。

蓑山塚

如何でしたでしょうか、色々なご利益がある「蓑山大明神」、太三郎狸の活躍。
屋島寺に行かれた際には是非チェックしてみて下さい。

インフォメーション

香川県高松市屋島東町1808

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です