松下製麺所

【讃岐うどん】うどんと中華麺を同時に入れる裏メニュー「松下製麺所」感想やおすすめメニューなど

高松市中野町にある松下製麺所さんに行ってきました。

昭和41年より続くこだわりの製麺所

昭和41年より営業をされておられるとのこと。

裏路地にひっそりとあります。
ひっそりとありますが、お昼時には多くの人が列になって順番待ちしていますのですぐにわかります。

駐車場は数台分

ご覧のとおり駐車場は5、6台分しかありませんので連休など繁盛記はお車では避けた方が良いかも。

松下製麺所の食べ方やメニューなど

まずお店に入ったらすぐにお店の人から「何玉?」と聞かれます。
うどん、または中華麺の玉数を伝えて下さい。
今回はうどん玉と中華麺を同時に入れてもらえる「裏メニュー」があるとネットで調べてきていたのでそれにしました。
ちなみにうどん半玉、中華麺1玉が最低の量との事。
どうやら中華麺は半玉には出来ないみたいです。
揚げ物やサイドメニューを選んでその場でお会計になります。
お会計が済んだら自分でうどん玉、中華麺を茹で始めます。

松下製麺所はセルフのお店です。

松下製麺所は製麺所のタイプで完全なセルフのタイプのお店です。
うどん玉や中華麺の玉数を伝えるとそのまますぐにどんぶりに玉を入れた状態で渡されます。
あとはお客さんの方で下の写真の茹でるところで、どんぶりから「うどんてぼ」に移して麺を茹で、十分に茹であがったら、「うどんてぼ」からどんぶりに移してとなりのうどんダシを入れて席について食べるという形です。

「うどんてぼ」とは?

下の写真のラーメン屋さんに良くある「湯切り」のような形のものです。
製麺所のセルフのお店ではこの「うどんてぼ」で自分で茹でて食べます。

茹で加減はお好みですがさっと温めるだけでも大丈夫です。

うどん玉の茹で加減はお好みですが、そのままでも食べれますので温める程度で十分です。
ちなみにうどん玉と中華麺を同時に入れる裏メニューの場合「うどんてぼ」に同時に入れるので中々難しいです。

上の写真のところでうどん玉を茹でます。
製麺所ならではのシステムです。

メニューはいたってシンプル。

メニューはいたってシンプルです。
うどん玉を選ぶか中華麺を選ぶかです。
揚げ物などのサイドメニューも少なめ。
いなり寿司がめっちゃ美味しそうだったので取ってしまいました。

うどん玉と中華麺を同時にうどんてぼへ入れるコツは、うどんてぼでお湯をすくいどんぶりへ少し入れて麺全体を少し濡らしておくと麺全体がまとまって入れやすいかも。

茹であがったらさっと湯を切ります。
しっかりとお湯は切った方がいいですね。

上の写真に入っているのがうどんのダシです。
これをすくって自分で入れます。
あとは薬味のネギ、天かす、しょうがをお好みで入れて席につきましょう。

松下製麺所の店内は?

製麺所だけあって店内はこじんまりとしています。
お座敷はありませんので小さなお子さんと行く場合は注意が必要です。

店内は上の写真ように左右片方に4席ずつの合計8席です。

座席はこのような感じです。
テーブルの下には荷物を入れれるようになっています。

セルフですので食べ終わったら上の写真のところへどんぶりを返しましょう。
ちなみに余ったダシは写真右の大きなポリバケツへ捨てるようになっています。

松下製麺所の感想やおすすめメニューなど

今回はシンプルに、うどん玉半玉と中華麺1玉のうどんと、うどんと中華麺を1玉ずつ入れたうどんをたのみました。
お稲荷さんも美味しそうだったのでひとつ取りました。

その日の気温や湿度によって水と塩加減を変えているこだわりの麺

手打ちの製麺所として昔から続く松下製麺所のこだわりの麺はその日の気温や湿度によって水や塩加減を変えているのだとか。
それも熟練の職人技があるからこそですね。

歯ごたえのあるコシの強いうどん麺

しっかりとコシがあり、歯ごたえがあるうどん麺です。
製麺所ならではのモチモチ感が強めの感じ。

しっかりと味のあるのどごしの良い中華麺

中華麺の方はしっかりと味があって、ちじれ麺がダシとうまく絡んでとっても美味しいです。
のどごしも良いのであっという間に食べきってしまいます。

カツオの風味がしっかり出たダシ

カツオの風味がしっかりと出た上品な味です。
中華麺でも合うようにとても上手く作り上げられていてとっても旨いです。

インフォメーション

香川県高松市中野町2-2
営業時間:7:30~17:30(※麺が無くなり次第終了となりますのでご注意下さい。)
定休日:日曜日
座席数:8席
駐車場:6台
ホームページ:http://www.matsushita-seimen.jp/
お座敷はありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です